メニュー

上部消化管内視鏡検査(胃カメラ)について

胃カメラと言われることが多い検査ですが、正確には上部消化管内視鏡検査と言います。
これは観察する部位が胃だけでなく、食道や十二指腸も観察するからです。

当院では、経鼻内視鏡(口から入れるカメラよりも細いカメラ)を用いて観察をします。

上部内視鏡検査(胃カメラ)はどんな人がするの?

  • 何かしらの症状がある方
    胸やけ、つかえ感、胃痛、胃もたれ、膨満感、黒色便(真っ黒な便)などの症状があったり、検査で貧血などが見つかった場合、原因を調べるために検査を行います。
  • 胃部エックス線検査(バリウム検査)で異状を指摘された方
    胃部エックス線検査は、飲みこんだバリウムをエックス線で撮影し、胃の形や粘膜に異常がないかを確認する画像検査です。そのため、異常が見つかった場合に胃カメラで直接異常を確認し、必要であれば生検(組織を一部採取すること)を行います。
  • 過去に検査を受けて、異常を指摘され経過観察が目的で検査を受ける方
    慢性胃炎でヘリコバクター・ピロリ感染を指摘され除菌していない方、又は除菌が成功した方、胃ポリープを指摘されている方、粘膜下腫瘍(消化管の壁の中に腫瘍を認めている)を指摘されている方、その他にも異常所見を指摘されている方などの定期的な経過観察が必要な方の検査を行います。
  • 検診や人間ドックを受ける方
    特に症状がないため、検査を受けることにためらいを持たれる方もいると思いますが、がんは初期の段階では自覚症状がほとんどなく、進行して自覚症状がでてからでは治癒率が大きく低下します。
    川崎市では市民の50歳以上の方は2年に1回胃がん検診で胃カメラを受けることが出来ます。人間ドックは、特に自覚症状がなく自分の意志で受ける健康診断であり、健康保険を使うことは出来ず全額自己負担になる検査です。加入している国民健康保険や社会保険(健康保険協会や健康保険組合)の補助制度や、民間保険会社の補助を利用できれば負担金額を減らすことが出来ます。
    補助の内容は、加入している保険で異なるので事前に確認が必要です。

検査の流れはこちら

当院の特徴

当院での胃カメラは、鼻から細いカメラを用いて検査を行います。
鼻からカメラを入れることで、口から入れた時にのどの奥を押されておきる咽頭反射(のどの奥を指で押したときに起きる“オエッ”となる反応)がおきにくくなるため、検査が楽になります。

当院では、最新のELUXEO 7000システム(富士フィルム)を用いています。
徴はMulti-Light Technology(LEDやレーザー等の複数の光源を高精度に制御するとともに、画像処理を組み合わせることで、目的に応じた観察画像を作り出す技術)により、微小な病変をより鮮明な画質で観察する事が出来るようになりました

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME